前へ
次へ

中国語学習では復習を意識しよう

どんな学習においても復習を疎かにすると知識が定着しないということなのですが、新たな言語を学ぶ中国語学習においても同様のことが言えます。せっかく新たな単語を覚えたにもかかわらず、多くの単語が全然思い出せないということは復習がきちんとできていないことの現れでもあります。少しでも定着率を上げるためにも、きちんと復習を行わないといけないです。エビングハウスの忘却曲線によると20分後には42%、1時間後には56%、1日後には74%に忘却するということが示されています。中国語学習において同様のことが言えるのかどうかは分かりませんが、適切なタイミングで復習をしないと忘れてしまうということは言えるはずです。復習しないで新たなことを覚えたとしても、古い知識が抜け落ちてしまうということです。新たなことを覚えつつ、今までやった知識も忘れないようにするためには、やった直後から1日後ぐらいまでに復習をやったほうがいいでしょう。やったことを思い出すということだけでも構いませんので、復習をしっかりとやりましょう。

Page Top